格安スマホはメインストリームをおさえろ!

今や群雄割拠の格安スマホシーンですが、格安スマホライフを始める上でメインどころは必ず押さえておく必要があります。

代表的なところとしてはDMMやNifMoやBIGLOBEやぷららなどです。あとはNTT系も多く参入しているので見逃せません。OCNモバイルも人気のサービスです。

基本的にSIMフリースマホとのセット販売になりますが、選ぶ会社によっては同じ機種でもメモリの容量が変わっていたりするのでスペック確認は必須です。

また、期間限定のキャンペーンなどで月額料金や機種代金は同額でもキャッシュバックは片方が0でもう片方は1万円と言ったケースもあります。

月額料金自体は正直有名どころはほぼ差がありません。月3GBなら大体900円ですし、特別安くも高くもない価格設定になっています。比較するときは月額料金よりも実際の通信速度や無料で使えるオプションサービスを考慮することが大切です。

実測は口コミサイトや雑誌を参考にするのをおすすめします。ただ、数値はあくまで測定した場所に準拠します。オプションは無料でWiFiスポットが使えると出先での通信量節約になってありがたいです。

一つだけ注意点を挙げるとすれば名前も聞いたことのない会社は選ばないことです。どれだけ料金プランが魅力的であっても、回線設備がショボくて常時遅かったりと思わぬ落とし穴があります。

資金に余裕のある大手ISPや小売りの格安スマホサービスを選ぶのをおすすめします。

どれを選んでいいかイマイチ分からない人はこちらの格安スマホ比較を参考に選ぶとお得にスタートできますよ。

 

格安SIMスマホを使ってみて

今年から格安SIMのスマホを使っています。
普通のキャリアのスマホだと、あまり使っていなくても7000円くらいかかっていました。それではもったいないと思い、格安SIMに乗り換えました。

スマホは自分の手元にあるものでも使えますが、それにあったSIMが必要です。SIMカードやスマホに、対応するタイプが載っているのでまずはそこから調べます。

SIMカードが挿入できると分かったら、ブロバイダーを選びます。会社によりプランもさまざまで、料金も違います。でもどこも安いのは共通していて、どの範囲でお金をかけるかでプランは違ってきます。

例えば通信速度。
よくネットで動画や大量の画像を見る人は、多少料金を上げても通信速度を上げたほうが使いやすいです。主にテキストサイトをみる人は特に不便さは感じない程度です。

格安SIMスマホのデメリットとして、音声通話機能はない場合はIPアプリなどで音声通話をできるようにしなければいけません。ですが救急や警察など緊急の電話にかけられないデメリットもあります。

そうした部分を解消した音声付機能のプランを選べるところもあるので、よく調べてから決めましょう。また、ラインなどSNSをする人は、SNS付きプランを選ばないとできなくなってしまうので注意です。

SIMカードをスマホに挿入し、APN設定してしまえばあとは普通にいつも通り使えます。実際私は月額5000円以上節約できました。

キャリアメールが使えないのでパソコンメールのみの使用となりますが、キャリアメールを使いたいという人はガラケーの二台持ちという選択肢もあります。

おすすめの格安SIM

格安SIMを契約すれば携帯代が安くなるそんな考えで契約をする人が多くいます。しかし、携帯電話の料金を上手に利用するには非常に多くの知識が必要になります。

ただ単に安ければよいというのであれば、もちろん番号を変更の上格安SIMの中から一番安いものを選択すればすみます。

しかし、意外と知られていませんが、格安SIMはその契約会社によって速度やサービスに大きな違いがあります。では、どの会社を選べばよいのでしょうか。

考え方は2つです。通信速度を取るのか通信可能な量をとるのかです。

通信速度を意識した場合は間違いなくIIJmioでの契約がおすすめです。ここは安いだけではなく、通信速度が大手キャリアなみですので、今までキャリアケータイを利用していた人でも非常に快適に利用することが出来ます。動画の再生などもストリーミングで再生できますので、大容量通信を行う人やオンラインゲームを行う人などには最適と言えます。

もうひとつはデータ使用量が多い場合です。データの使用量は一つ一つのアプリの積み重ねですので、気づかないうちに思っているよりも多くのデータ量を使用してしまいがちです。そのような人にはU-mobileでの契約がおすすめです。ここではデータ使用量無制限のプランが利用できますので、大容量ではないが、常にスマートフォンを利用しているユーザーにとっては通信速度制限を気にすることなく利用できるため、安心して利用することが出来ます。

これら以外にも現在、様々な格安SIMを販売している会社はありますが前述した二社は非常に安定して利用できると言えます。

楽天モバイルに乗り換えて大正解!

もともとドコモのスマホを利用していましたが、月に7500円以上も携帯代がかかっていたので、格安SIMに乗り換えようと、色々調べました。

結果として、今まで使用していたドコモのメールアドレスが使えなくなるという点が解決できず、仕方なくドコモ側をガラケーに戻し、格安SIMとの2台持ちという選択をしました。

ドコモ側は、通話とメール目的、一番安いプランで月に1100円ほど(留守電代300円も含んでます。留守電がいらなければ、その分安くできます)。スマホ側がデータのみでSMSもなし、これで900円となりました。合計で、月2000円くらいとなります。

楽天モバイルのつながり具合ですが、現状では、ドコモとの差はまったく感じられません。電波状況を心配している方は、問題ないかと思います(場所にもよるのかもしれませんが、私のまわりには、電波状況で困っているという話は聞きません)。

面倒なのは、やはり携帯を2台持ち歩かないといけないという点です。あと、スマホ側のアプリで登録しているメールアドレスが、ドコモのものなので、ガラケー側でメールを見て、スマホ側で対応するという作業が必要になってきます(フリーのメールアドレスに変更すればいいのですが、その変更の手間も課題ですね)。

ちなみに、私は端末とSIMのセットで購入したので、初期に行ったことといえば、SIMカードをセットしただけでした。それだけで、すぐに使えるようになるので、設定とかで不安に思う方は、端末とセットでの購入をおすすめします。

格安SIMの選びかた

スマホのSIMロックフリーが義務化し、各社様々な格安SIMや格安スマホが登場して、どれが良いか決めかねている方も少なくはないと思います。

選ぶ目安としては、自分に必要な機能をスマホにどこまで求めるか、がポイントになると思います。

長時間の通話はせずにある程度の通信量で事足りているのであれば、格安SIMを選ぶことでのコスパはとても良いと思います。

もし今がキャリアケータイ(ドコモ・au・ソフトバンク)であれば、料金はどう頑張っても1万円前後の方が多いのではないでしょうか。

よく言われている格安SIMのメリットは、自分に合わせた容量で、キャリア各社より断然通信料が安いということです。

あとは、キャリアだと2年縛りの解約料がいつも足を引っ張ってきましたが(そう上手いこと2年切り替えの1か月内で機種変更や解約を出来ずに解約料を払ってきました…)、格安SIMの会社によりますが、数か月~1年ほどの縛りしかなく、なおかつ機種本体とSIMは別なので、端末や通信の容量など選べる自由度は格段に上がりました。

格安SIMの各社は、ドコモの回線とソフトバンクの回線を使用しているところが多く、ドコモ回線の方が安定していて繋がりやすい・扱っている会社も多く選べる種類が多いです。

なので、ドコモ回線を扱っている会社の格安SIMを選べば、スマホ本体はもともとドコモの機種だったものかSIMフリー端末であれば、問題ないです。

あと気をつけたいところは、端末によって入るSIMの大きさ(大きい順に、標準・マイクロ・ナノ)があり、入れようと思っている端末ごとに違いますので事前に知っておいた方がのちにスムーズかと思います。

最近はナノサイズSIMの変換器もありますし、サイズを間違えても手数料はかかりますが交換してくれます。

格安SIMを契約して端末を用意しセットすれば、その日から格安SIM・スマホでの生活です。

海外でも、SIMフリー端末に短期使用の海外SIMを入れ替えれば、現地の通信回線を使用でき、日本のキャリアのまま使うよりも格段に安いです。

それぞれにメリットがあるので、これを機に選択肢の一つに加えてみてはいかがでしょうか。

OCNモバイルONEは初期契約も1000円!

私は3年半ほど海外で生活しており、docomoの契約は既に解約していました。いざ日本帰国が決まり、最初に迷ったのが携帯でした。あまり電話する方ではないものの仕事上、なんらかの電話番号は持っていたい。そんなときに知ったのが格安SIMと050plusでした。

格安SIMもいろんな会社がサービスを提供していて迷いましたが、NTTグループという理由もありOCNモバイルONEを選びました。データ通信だけのプランで、電話に関しては通話プランを組み合わせるのではなくIP電話で同じOCNが提供している050plusを利用することにしました。OCNモバイルONEはデータの繰り越しができるほか、プランの変更も自由度があり便利そうでした。

そして最終的に背中を押すきっかけになったのが、契約からSIMの発送の手続きでした。OCNモバイルONEは申し込み手続きをするとSIMを購入する流れとなります。一般的に格安SIM契約には初期契約手数料に3,240円が必要になります。しかし、OCNモバイルONEはAmazonからSIMを購入すると1,000円、この1000円が初期契約手数料を兼ねているのでとってもお得にスタートすることが可能になるのがお得に感じました。

通話をセットにした格安SIMだったら普通のキャリアとさほど変わらないし、格安SIMの魅力は安いデータ通信。LTE使い放題などのプランを用意している会社もありますが、家にはWifiもあるし、だいたい3~5GBくらいのプランであれば十分だと思います。

実際に使い始めて何日か経ちましたが、docomoのLTE回線を使っているだけあって、スピードもそこそこ出ていてストレスも感じませんし、050plusからの電話は通話料も安いのでなかなかいい選択をしたと思っています。