格安SIMの選びかた

スマホのSIMロックフリーが義務化し、各社様々な格安SIMや格安スマホが登場して、どれが良いか決めかねている方も少なくはないと思います。

選ぶ目安としては、自分に必要な機能をスマホにどこまで求めるか、がポイントになると思います。

長時間の通話はせずにある程度の通信量で事足りているのであれば、格安SIMを選ぶことでのコスパはとても良いと思います。

もし今がキャリアケータイ(ドコモ・au・ソフトバンク)であれば、料金はどう頑張っても1万円前後の方が多いのではないでしょうか。

よく言われている格安SIMのメリットは、自分に合わせた容量で、キャリア各社より断然通信料が安いということです。

あとは、キャリアだと2年縛りの解約料がいつも足を引っ張ってきましたが(そう上手いこと2年切り替えの1か月内で機種変更や解約を出来ずに解約料を払ってきました…)、格安SIMの会社によりますが、数か月~1年ほどの縛りしかなく、なおかつ機種本体とSIMは別なので、端末や通信の容量など選べる自由度は格段に上がりました。

格安SIMの各社は、ドコモの回線とソフトバンクの回線を使用しているところが多く、ドコモ回線の方が安定していて繋がりやすい・扱っている会社も多く選べる種類が多いです。

なので、ドコモ回線を扱っている会社の格安SIMを選べば、スマホ本体はもともとドコモの機種だったものかSIMフリー端末であれば、問題ないです。

あと気をつけたいところは、端末によって入るSIMの大きさ(大きい順に、標準・マイクロ・ナノ)があり、入れようと思っている端末ごとに違いますので事前に知っておいた方がのちにスムーズかと思います。

最近はナノサイズSIMの変換器もありますし、サイズを間違えても手数料はかかりますが交換してくれます。

格安SIMを契約して端末を用意しセットすれば、その日から格安SIM・スマホでの生活です。

海外でも、SIMフリー端末に短期使用の海外SIMを入れ替えれば、現地の通信回線を使用でき、日本のキャリアのまま使うよりも格段に安いです。

それぞれにメリットがあるので、これを機に選択肢の一つに加えてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です