格安SIMスマホを使ってみて

今年から格安SIMのスマホを使っています。
普通のキャリアのスマホだと、あまり使っていなくても7000円くらいかかっていました。それではもったいないと思い、格安SIMに乗り換えました。

スマホは自分の手元にあるものでも使えますが、それにあったSIMが必要です。SIMカードやスマホに、対応するタイプが載っているのでまずはそこから調べます。

SIMカードが挿入できると分かったら、ブロバイダーを選びます。会社によりプランもさまざまで、料金も違います。でもどこも安いのは共通していて、どの範囲でお金をかけるかでプランは違ってきます。

例えば通信速度。
よくネットで動画や大量の画像を見る人は、多少料金を上げても通信速度を上げたほうが使いやすいです。主にテキストサイトをみる人は特に不便さは感じない程度です。

格安SIMスマホのデメリットとして、音声通話機能はない場合はIPアプリなどで音声通話をできるようにしなければいけません。ですが救急や警察など緊急の電話にかけられないデメリットもあります。

そうした部分を解消した音声付機能のプランを選べるところもあるので、よく調べてから決めましょう。また、ラインなどSNSをする人は、SNS付きプランを選ばないとできなくなってしまうので注意です。

SIMカードをスマホに挿入し、APN設定してしまえばあとは普通にいつも通り使えます。実際私は月額5000円以上節約できました。

キャリアメールが使えないのでパソコンメールのみの使用となりますが、キャリアメールを使いたいという人はガラケーの二台持ちという選択肢もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です